法事

在りし日の面影を偲び故人への思いを胸にご縁の深い人々と褪せることのない思い出に心巡らせるひとときです。 法事は、故人を偲びご冥福をお祈りする機会であるとともに、普段なかなかゆっくりとお話をする機会の少ないご親戚や親しかった方々、故人ゆかりの方々と、法事を機会としてお集りになり、人と人との縁を深めていただけるよう、故人がもうけてくれた大切な場としてサポートさせていただきます。

法事・法要につきまして

一般的に「法事」は、亡くなった方の追善供養を行う仏事の総称と言われています。お経をあげてもらうことを「法要」と呼び、その後の会食を含めた一連の行事全体を「法事」と呼ばれています。 ここでは、一般的な慣習に基づいてご紹介しています。それぞれの宗教・宗派によって多様な考え方や方式がありますので、ご確認いただき、何よりも故人やご家族のご意向を大切にされて意義のある会となりますようお進めください。

仏教

仏教では主に重要な忌日として初七日、三十五日、四十九日を設けており、それぞれの日程で法要を行います。本来、亡くなられてから四十九日までの間、7日ごとに行われるものでしたが、現代ではそれが大幅に省略され、初七日と四十九日だけを行う形が増えているようです。また、初七日の法要は、家族や親族の負担を軽減する意味合いもあって、告別式の中で「繰上げ初七日法要」を併せて営むケースも増えています。
四十九日は「忌明け」とされ、特に重要視され営まれています。

四十九日以降、一年後の祥月命日
(同月同日)を一周忌と呼びます。一周忌では、家族や親族、故人と縁深かった友人や知人などを招き法要を営みます。
命日の当日に法要を行うことが理想ですが、最近では週末等に参列者の都合などを鑑みて、行うことが多いようです。その際は、命日より早めの日に行うのが慣わしです。

その後、満二年目を三回忌とし、四十九日、一周忌法要に次いで大切な法要とされています。以降、数え年で七回忌、十三回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌と続きます。通常では三十三回忌で「弔い上げ」として区切りをつけ、それ以後は先祖代々供養を行うのが一般的です。

宗派やお寺さんによって多様な考え方や方式、呼び名がありますので、 よくご相談・ご確認されることをお勧めいたします。




忌日法要

初七日 命日も含めて7日目
二七日 命日も含めて14日目
三七日 命日も含めて21日目
四七日 命日も含めて28日目
五七日(三十五日) 命日も含めて35日目
六七日 命日も含めて42日目
七七日(四十九日) 命日も含めて49日目
百カ日 命日も含めて100日目
一周忌 命日から満1年目
三回忌 命日から満2年目
七回忌 命日から満6年目
十三回忌 命日から満12年目
十七回忌 命日から満16年目
二十三回忌 命日から満22年目
二十七回忌 命日から満26年目
三十三回忌 命日から満32年目
三十七回忌 命日から満36年目
四十三回忌 命日から満42年目
四十七回忌 命日から満46年目
五十回忌 命日から満49年目
百回忌 命日から満99年目


神教
仏教で法要にあたる儀式を、神道では「霊祭(れいさい)」と呼びます。十日祭り、三十日祭り、四十日祭、五十日祭を行い五十日祭の翌日が忌明けとなります。その後は百日祭、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭と続きます。


キリスト式
プロテスタントでは召天記念日として、七日目もしくは十日目、または一ヶ月目に記念祭を行います。 その後、追悼会を一年目、三年目、五年目などに行います。カトリックでは、追悼ミサを三日目 、七日目、三十日目、一年目に行ない、以後、追悼ミサを毎年の命日に捧げます。


お料理

会席コース
前菜
上刺身(旬の刺身三点盛り)
煮物
焼き物
蒸物
揚げ物
食事
水菓子
全9品
¥5,000(税別)

お通夜料理

壇払い 陰膳(供養膳)
¥2,500より(税別)


祭壇・生花



斎場、寺院へのお届け

お料理を斎場、寺院へお届けすることも可能です。是非、ご相談ください。